造作家具は経験豊富なショップに頼みましょう

造作家具はその名の通り「造作」する「家具」の事です。
造作する、すなわち「ゼロ」から製作する家具ですので本来はいかようにもできる家具なんです。
戸建住宅(注文住宅)では当たり前のように家を建てる計画段階から取り入れており
施主(お客様)の要望通りに設計されています。
しかし分譲マンションではどうでしょうか?
通常建売の分譲マンションでは標準仕様の設計通りに住戸内は施工されており
完成前に契約したとしても工事中に施主の要望を取り入れた仕様での施工ができないのが通例です。
これはマンションの全体計画にあります。
戸建住宅とは違い沢山のご契約者が居て、それぞれの要望を取り入れては計画通りに竣工ができません。
もちろん建築許可申請やスタート段階の予算組みもできないからですね。
では分譲マンションでは戸建住宅のように間取りに合わせた収納家具は据付できないのでしょうか?

そこで契約済のお客様へ案内されるのがインテリアオプション販売会です。
これらはご契約者様を対象に行われる販売会なるもので入居に先立ち鍵の引き渡し前に工事ができる
インテリア販売会の事です。
家具のみならずカーテンやエアコンなど入居前に工事が済むので大変重宝されています。
しかし、メリットはこの「引き渡し前工事」だけで他にはメリットがありません。
同様の工事であればオプション会で購入しなくても引き渡し後〜入居までの間数日間で他の一般業者でも
工事ができるんです。

このインテリアオプション会は売主斡旋の販売会ですので初めてマンションを購入される方は
ここでしか購入できないと錯覚される方が多く購入後に残念な思いをされていらっしゃいます。
もし引き渡し後からご入居まで多少の時間がある方にはインテリアオプション会で購入するメリットはありません。
主な理由は販売会で相談できる日数や時間は限られており自由度が少ない事と選択肢が狭く限られており
オーダーメイドのメリットが生かせない。
実際に施工する会社とオプション会社、売主へのマージンが沢山入る為、商品相応の価格よりも高額になる点です。
特に造作家具のようなオーダーメイド商品であれば「かなり」自由度が高く選択肢も広いのでオプション会で
購入するよりも一般他店で購入する事をお勧めいたします。

一般他店で購入するメリットは沢山あります。
まず、購入の締切期限が無いので納得いくまで検討ができ何度でも打ち合わせが可能。
しかも貴方だけに提案を行うので時間の制限もなくオプション会のような枠にとらわれた選択肢ではなく
完全にゼロからの設計が可能になります。
主に食器棚などはオプション会では基本構成だけで扉をキッチン合わせにできると言うだけの
半既成家具のような商品になっています。
また価格面でも中間マージンも無く安価にできますが、それ以上に良い素材金物を使えるので
最終仕上がりの商品にも差が付きますね。
折角のご新居へ据付ける家具ですので納得のいく素晴らしい造作家具を手に入れてください。

ホーム食器棚カウンター収納吊戸棚